社会不適合の日常。

よく出かける日常と気が向いたオススメと書いていきます。ブログに目を通して頂いた全ての方に感謝。

【ランペイジ 巨獣大乱闘】 観ました♪

先日、夜にちょっと死にかけてまして。ただのちょっとした体調不良なのでそんな大げさではないですが(笑)

その時に嫁さんから「映画観てもええ?」と聞かれたので「どうぞ」で選んだのが『ランペイジ 巨獣大乱闘』でした。

f:id:defectiveness:20210410084229p:plain

Amazonより引用

タイトルのみの想像で「きっとB級的な馬鹿馬鹿しいほうの映画」を嫁さんは思っていたようで…自分もぼぉーっと観てましたがオープニングからまさかのシリアス(笑)

しかも、主人公がまさかのロック様ことドウェイン・ジョンソンさん(笑)

f:id:defectiveness:20210410091128p:plain

Wikipediaより引用

格闘家でもあり、インスタでもよく子供と楽しそうな日常を投稿しているドウェイン・ジョンソンさんですが俳優としても有名なのでそちらで知っている人も多いかもしれませんね。今作では製作総指揮もやっているようです。

Amazonのあらすじには(一部抜粋)

遺伝子実験の失敗によってゴリラ、オオカミ、ワニなどの動物が巨大化。

巨大化は止まらず、もはや怪獣と化す。

街を舞台に大乱闘を始める。

彼らはどこまでデカくなるのか?

巨大怪獣パニック・アクション!

 これを読んでも嫁さんの言う通り確かにB級感(笑)主人公について何も書かれていません( ;∀;)パッケージにもいませんし(-_-;)

ネタバレかどうかわかりませんが…言ってしまうと主人公のロック様は元アメリカ陸軍特殊部隊員で霊長類学者。あらすじに書いてあるゴリラはこのロック様の親友。要はさらっと書いてますがゴリラはもう一人の主人公的な立ち位置です。あ、だからパッケージ中央か!書いてて納得(笑)まさしく『 ゴリラvsオオカミvsワニvsロック様』の異種格闘技映画でした(笑)

あとは…「ウォーキングデッド」をご覧になっている方はいますでしょうか。あのニーガン役として活躍しているジェフリー・ディーン・モーガンさんも出演してます!

f:id:defectiveness:20210410091201p:plain

Wikipediaより引用

結果、寝ずに最後まで一緒に鑑賞させて頂きました(笑)そのあと爆睡して体調少し戻ったので大丈夫です(^^♪

ロック様と言えば昔、試写会で観た「カリフォルニア・ダウン」や「ワイルドスピードシリーズ」や「ジュマンジシリーズ」、「モアナと伝説の海」などの声優などほぼ全部観ている気がするのですがCG多そうな映画が多いので一人芝居が多いのかもと思ったら「スゲェ」と感心してしまいました。まだまだ観たい俳優さんです(^^♪

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 ジェフリー・ディーン・モーガンさん吹替声優が若本規夫さんらしいので今度は吹替で観ます

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 

【後世に残したい名盤:第2回】eastern youth『ボトムオブザワールド』

前回に引き続き激しい音楽ですが…

今回選んだ音楽はeastern youthイースタンユース)さんのアルバム『ボトムオブザワールド』です。

自分は1995年に発売された『口笛、夜更けに響く』から聴き続けていますが、それまでのeastern youthの一つの到達点に行ったように感じたアルバムです。レコーディング後に長年ベースを弾いてきた二宮 友和さんは「やりきった」と脱退を決意。歌詞は脱退に関係してないはずなのにそれも踏まえた位の哀愁や熱量。

 

歌詞一部引用

①街の底

www.youtube.com

泣きながら生まれてきた俺達 意味もなき故の価値に輝いて

訳も分からずただ歩き出した 訳も分からずただ喋る出した

いつしかその涙は否定され それからその鳴き声も奪われた

意味なき故の価値を見失い 価値なき故の意味なき命か

 

②鳴らせよ 鳴らせ

飲み込まれるな 真っ暗闇なら誰にだって 奥底深く

持っていかれるな 逆巻く波ならどこにだって あの日も今も荒れ狂っている

 

③イッテコイ カエッテコイ

過去 未来 今 夜明けの窓 どこ そこ ここ 逃げ場はない

空 雲 風 真昼の路地 だれ かれ され 消えちまえ

 

④ナニクソ節

雲を割って光の束が降ってくる 花を散らして激しい風が吹いてくる

涙が出そうだ だけど泣きたくねぇ!

ぶっ倒れそうだ だけど負けたくねぇ!

 

⑤コンクリートの川

抑圧と不条理は向こう側の車線に 絶望と諦めは手前の信号に

中傷と嘲笑はコンビニの裏手 なんでもねぇ なんでもねぇ

泣いてなんてやらねぇ やらねぇ

 

⑥茫洋

茫洋 茫洋 大海原

茫洋 茫洋 屋根瓦

 

テレビ塔

街はやっぱりいつもの騒ぎで 誰も何も気付かぬ顔して

本当は気付いている みんな分かっている

 

⑧道をつなぐ

OK わかっている 
最初の最初に歩き出した場所へ 道をつなぐ

⑨直に掴み取れ 

押し付けられた世界を踏み外して 行くも戻るも風に訊く
誰かが決めた未来を突き返して 人間万事塞翁が馬
直に掴み取れ

⑩万雷の拍手

どこから話せばいいのやら それともいっそ何も話すまいか

話したところで何になる

一体誰に向かって話すつもりだったのか

ちっぽけな人生の物語は 人混みに紛れ込んだまま

いつしか行方をくらまして それっきり

昔、テレビブロス星野源さんとYMO細野晴臣さんが対談する連載で「eastern youthは哲学・道徳だ」と細野さんが口にしました。ずっと聴いてきた自分にとっても同感でした。

このアルバムを聴いた時、素直な感想が「この年齢でもか」

当時、45歳くらいだった吉野さんが書く歌詞は正直45歳でこのモヤモヤの中で生きているという現実を知って10歳以上も年下の自分にとっては驚愕だったし、ある意味覚悟ができた音楽でした。

試聴ではイントロしか聴けませんがこのラスト曲『万雷の拍手』は涙が出るくらいの叫びです。ある意味、曝け出した音楽。人間誰にだって色々な悲しみや迷いがあることを認識させてくれるいいアルバムです。

※たまにApple music誘導の画面出た時はお手数ですが左上「×」クリックすると聴けます。

当時のインタビュー ↓

eastern youth、大名作『ボトムオブザワールド』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載 - OTOTOY

 たまに『街の底』の歌詞が「人間達」⇒「逃げて」に聴こえます。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村