社会不適合の日常。

ブログに目を通して頂いた全ての方に感謝。

【今日の一曲:第309回】ROUAGE / 月のながめかた

www.youtube.com

寝起きにサビのフレーズ。

ROUAGE(ルアージュ)後期中の後期。3作のシングル、1枚のアルバム、1枚のベストアルバム、そして最後にラストシングルを立て続けにリリースしたときの1曲。

「 胸に降る雨、胸に咲く花。」「瞳をあけてみる夢」に続いた3枚目で直後に発売されたアルバムとは全然違う内容で収録された「月のながめかた」ですが個人的にはアルバムに収録された方が好きだったり。※動画はシングル

この動画でも登場するメンバーも2人は引退してますし、ボーカルのKAZUSHIさんもほぼ活動もなく、ギターのRIKA(右)も2018年にバンドを解散して。今年の頭に久々に弾き語りでYoutubeに公開したのは懐かしくもあり、音楽活動をしてくれるんだなと思い。

よく「再結成してほしいバンド」なんてアンケートがありますが…そんなバンドは考えたら沢山ありすぎるし、無理矢理な再結成も望んでいませんが…もう少し、セールス的にもあれば脱退や解散せずもう少しこのバンドを観れたのかなと思います。

 

歌詞全文引用

深く沈む夜は 底のほう

キミに見立てて月をみた

よりかかり方の

ヘタクソなボクは

どれだけキミを

傷つけたんだろう

 

それでもボクは笑顔 飾る

上手いやり方を探す

おなじ気持ちにはならないで

 

月の下で想う、月の下で吠える

ボクを見つけないまま

いつもそうして うつむかず歩いて

潤みかけた瞳でみないで

 

まるく光る波の底のほう、上目使いで月をみた

寄り添いかかった臆病なボクは

どこまでキミを遠ざけたんだろう

 

それでもボクは笑顔探す 月のながめかたを探す

同じ光にはなれなくて

 

月の下で想う、月の下で吠える

ボクを見つけないまま

いつもそうして うつむかず歩いて いつも

 

月の下で想う、月の下で吠える夜を知っているから

あしたはあるとなんとなく想うよ

潤みかけた瞳に映った

 

月のながめかたみつけた

defectiveness.hatenablog.com

www.youtube.com

defectiveness.hatenablog.com

収録音源