社会不適合の日常。

ブログに目を通して頂いた全ての方に感謝。

誰でも出来る【低予算ミスト】光熱費も節約

一軒家に住む知人が声を漏らしました。

「ミストを自宅に入れたいけど工事費などいれると数十万かかる」

 

なのでこう答えました。

「2000円あればミスト、手に入りますよ」

 

一瞬、意味わからないと思いますが実はシャワーヘッドの話です。

 

浴槽にミストの機能をつけるとなると機械だけで約30、40万かかります。

そこから工賃となると…

まぁお金を持て余している、一気にからだ全体にミストを浴びたい!という方ならばOKなのですが賃貸や購入後のメンテナンスとかまで考えると導入には踏ん切りつきません。

 

我が家で使ってるシャワーヘッドなのですがこちらです。

f:id:defectiveness:20200120113505j:plain

アパートやマンションでよく見るヘッドより多少大きめです。

購入した価格は当時で1899円(税込)でした。

※下部に商品の参考リンク貼っておきます。

 

購入した理由は2つ

一つは嫁がミストが欲しくなった

もう一つはお湯アレルギー?暑さアレルギー?塩素アレルギー?なのかシャワーを浴びると嫁の体から複数の赤い皮膚炎が発生する

 

ミストが欲しくなるなんて何処の家庭でもあると思うのですが、嫁の皮膚炎をずっと自分は気にしていました。

 

冬の寒い時期は良いのですが夏になると出やすく、現在住んでる部屋ではお湯の最低設定温度が38度と高め。今まで37度以下に設定できる物件にも住んでいたのでとても不便。仕方なくお湯と同時に水を出して対処してました。

 

基本的に3段階のものが多い中、我が家では【中間】も使うかもと思い5段階を購入。

それがとても大満足。

 

わかりにくいかもしれませんが5種類です。

f:id:defectiveness:20200120114729j:plain

ミスト

f:id:defectiveness:20200120114752j:plain

外側通常シャワー 内側ミスト

f:id:defectiveness:20200120114825j:plain

通常シャワー

f:id:defectiveness:20200120114847j:plain

外側通常シャワー 内側マッサージ(強め)

f:id:defectiveness:20200120114929j:plain

マッサージ(強め)

夏場は基本【ミスト】

きめ細かい水で洗い流せるのでとても肌触りが良く、髪の毛の奥まで洗い流せている感じがします。お風呂掃除などで使用すると広範囲に水が当たり洗剤をすすぐのが早いです。夏場によく使う理由としては最低設定である38度の温度がとても低く感じるから。シャワー後の汗も減ります。嫁の皮膚炎もかなり減少するほど。

 

冬は【外側通常シャワー 内側マッサージ】

寒くなってくると内側マッサージにすると通常シャワーよりも水が太く放出されるので温かい。最低設定温度の38度でシャワーを浴びるのですがお湯の温かさを感じてシャワーを浴びたい自分としては有難い機能。寒がりなので…

マッサージにすると勢いが強すぎるので普段使いではこちらがおすすめ。

 

好きな時に【止水】

持ち手に大きなボタンがあるのですがいつでもこのボタンのON/OFFで水が出たり止まったりします。

シャンプー中だけ止めたりするのに便利。ありがたいのはストップして湯沸かし器は止まります。なので次にONにした時にお湯が出てくる時間が短縮されます。シャンプー位のON/OFFでは水温の下がりが気にならない程度。髭を剃るなど多少長い時間ストップしていても通常蛇口をひねりお湯を止めるより遥かに早く温かいお湯が出ます。二人ぐらしとかで連続でシャワー浴びる時などかなり便利だと思います。

 

そして何よりもありがたいのが水道代とガス代。

我が家は都市ガスではないのでガス代が高いです。

冬になると平均8000円は超えます。高い時で約1万円。

水道代(下水含まず)は2か月に1回の請求で2400~2900円位でした。

 

それが今回の請求はガス代で6500円程。夏なら4000円ほど。水道代も平均2100円位。一番安い月は1900円程。

かなりこのヘッドのおかげで節約も出来たのでその分で実家にもこのシャワーヘッドをプレゼントしたりできました。

普段、自分は風呂掃除をよくやるので楽しんで使用してるのですが色んな種類でシャワーができるので嫁も実家の家族も楽しく使えているみたいで安心しました。

 

手入れ自体もミストの機械を入れるより断然楽なので助かってます。

本格的なミストには負けてしまいますが我が家では十分なミストでした。

 

基本的にシャワーヘッド見るとKAKUDAI、SANEI、KVK、MYM、ガスターLIXILTOTO、KVKなどの名前がヘッドに記載されていて【基準G1/2】なります。どのシャワーヘッドもだいたいの家庭で使えるものですが一応確認してからの購入をお願いします。

 

交換方法もシャワーヘッドの持ち手の下部が回せるようになっているので回して外して付け替えるだけなので誰にでも出来ますし手入れも簡単です。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

快適なシャワーを。

 

我が家で使っているのと同タイプのもの。

 

すぐ新型?になるので取り扱いがなくなります。『シャワー 五段階 止水』などで検索して探してみたらその都度、安くていいものが見つかるかもしれません。

 

参考に低予算で良さそうなシャワーヘッドのリンクも貼っておきます。参考にどうぞ。

 

 似てるし種類多すぎ…購入する時は【段階数】・【止水有無】・【国際汎用基準G1/2の記載】の3点のご注意を忘れずに!