社会不適合の日常。

ブログに目を通して頂いた全ての方に感謝。

【聴いてほしい音楽:第0回】音楽好きと歌好き。自分は音楽好きです。

始めに自分の事を言うとブログタイトルでもありますが「社会不適合」です。

TwitterYouTubeで使用している名前も「Defective」=不良品という意味です。

社会とのズレを日々感じ、多分独特な観点で生きてますので一般的な内容ではないです。正直、人と話すのも苦手です。なので誰かのためにではなく自分を吐き出す為にブログを含め音楽制作などもしてます。意思表示が強いのか…という葛藤さえ感じてしまいますが。

 

音楽好きで日々沢山の音楽を聴いて生きてます。

なのでその大好きな音楽をただただ不定期に書いていこうと思います。

自分で作る音楽やイラストは吐き出しているものなので【商品】にもならないものですが、音楽を作り出す人や何かを作る人達を尊敬します。自分が普段聴かない音楽や触れないものだとしても。

 

常に新しい音楽も取り入れてわくわくしたいとも思うのでよくYouTubeを始め沢山の音楽は発掘するために色々音楽を探して、気になる音楽を買います。

一時期洋楽ばかり聴いていた時期もありましたし、ゴリゴリのロックしか聴かなかった時期もあります。

ですが良い音楽は沢山あります。あり過ぎます。

売れる売れないは別で音楽を追求した作品が好きです。

個人的に本当に好きな音楽を作って売れるのならば一番です。

 

ですが、正直に思うことが一つあります。

売れる音楽というのは『馬鹿でもわかる音楽』を作る事。

良い方は悪いのですがその意味は音楽を知らない人でも耳に残り口ずさむ事で売れる音楽になるという事。日本では確実にそれが売れる音楽です。

もちろんそれが悪いことではないです。むしろ狙っても出来ない人が多いです。

そしてどの境界線で売れてしまうのか全くわかりません。

 

音楽を作り始めると自分の楽器の音を大きく入れたくなったり楽器を全面に出したくなるのですが一般的にはどうしてもボーカルです。

カラオケ文化もある国なのでカラオケで歌われる音楽=売れる音楽です。

ただ一度楽器に触ればボーカル以外にも聴こえてくる音楽は広がります。

世間で聞く音楽好きな人と自分が認識するのは洋楽好きに多いのですが演奏含め音楽を愛せる人だと思ってます。少し知名度ある人の音楽が好きとか売れてるバンドのライブを行ったりするのは歌好きな人。個人的にはそう思ってます。同じようで実は違う。

それとは別に踊りたい人、モッシュしたい人などなど…自分はどんな激しいライブへ行っても静かに演奏に聴き入るだけなのでまた違う音楽の楽しみ方をする人などそれぞれです。

 

演奏を含め、音楽を好きな人は音楽好き。

曲を歌うのが好きだったりするのが歌好き。

自分はそう普段分けてます。

そして音楽好きという人の過半数ほとんどが実は音楽好きではなく歌好きです。

ボーカルの声だったりメロディを好む人は確実に歌好きです。

 

例えで話すとすれば売れているバンドOfficial髭男dism』で説明します。

www.youtube.com

この曲を聴いた時に「あ、凄い売れそう」とは思ったですが好みの音ではありませんでした。自分の中でこの音楽はバンドでなくても表現できる音楽だとも思いますし、ボーカルを目立たせるためのアレンジで出来上がってます。盛り上げるのに効果的な音も入ってます。【完成】されているのですが自称音楽好きとしてはとくにツボに入る音楽ではありません。ただ売れることはわかります。

音楽でも色々な趣味でも【好き】って豪語してしまうとプライドなのか売れていると聴かない人もいますし、この曲を売れる売れないで切り離しても【音楽好き】が聴きこむ音楽ではないと思います。悪口ではありません。聴き込む音楽ではないにしてもこれだけ一般に聴き入れやすい音楽を作ることは誰にでもできることではないのです。

個人的にはこちらのほうが聴きます。

www.youtube.com

一般的にシンプルに聴こえるのでしょうか。余分な音は削られシンプルな音でボーカルメロディを聴かせた音楽なので盛り上がりは欠けるところはあるのかもしれません。これだけ再生数に差があるのもわかり易いでしょうか。一般的に知られているMVが前者なのもありますが、聴こえ方が全然違うのは音楽好きでなくてもわかりやすいのではないかと思います。【音楽好き】とは言え派手な演奏、詰め込んだ音楽が全てではないのでこのシンプルな演奏で目立つメロディというものは素晴らしいと感じます。違いがわかって後者が好きな方は【音楽好き】かもしれません。

 

よくMr.Childrenスピッツエレファントカシマシの大御所のバンド名ですがボーカル以外知らないとかよく耳にします。でもどのバンドもその声を支える楽器を奏でるメンバーの技術は凄いんです。昔、テレビ番組主催のライブでエレファントカシマシを観た時にこの曲を聴きました。

www.youtube.com

映像ではわからないと思うのですがライブで観ると、どれだけ激しい音楽を鳴らすバンドよりも重い音でした。こんなギャップが出せるのも凄い事。幅広い表現や一音の厚みを出せる実力があるからこそ出せる音楽に興味ない人間でも聴かせられる音楽を作れるのだと思います。

けしてボーカルの力だけではないのです。ボーカルを目立たせる演奏も必要だという事。

 

そんな音楽好きな自分が売れる売れない関係なく『この音楽は凄い』とか『この1曲が好き』とか書いていこうと思います。その前置きとして音楽好きを説明した第0回です。

 

普段、自分が作る音楽、ブログも含めですが色んな人に知られたいとか、読んで貰いたい、聴いて貰いたいってそこまで思っていなくて…そんな読んだり聴いてもらうようなクオリティーのものでもないですし。

 

ただ自分が生きてることに考えさせられる時に子供の頃から音楽が身近にあったので音楽って凄いんだよって思うことを書きたいだけな所もあります。なので【知る】きっかけになれればと思ってます。

 

書いたり紹介したものがたまたま目や耳に触れて【音楽っていいな】【意外とこんな音楽なんだ】【この音楽いいな】ってちょっとでも思ってくれたいいなって思います。

興味ない人は端(はな)からこのブログにたどり着かないと思いますが…(苦笑)

 

音楽好き、歌好きをわけて話していますが別に差別するわけでもなく。歌が上手ければ売れるわけでもないので売れる基準なんでわかりませんが…音楽好きなら楽器も聴いて貰いたいし聴かない音楽を否定したり音楽理論なども考えず、純粋に音楽を楽しいんで頂きたいと思います。今まで歌好きだった人には新しい発見があればいいなと思います。

 

たまたまここで知った音楽が誰かの新しい発見として聴く機会になれればと思います。

いつか自分でも見直した時にこんなに色々を聴いているのかと再確認もしてしまいそう。これから頑張って書いていこうと思います。よろしくお願いします。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。