社会不適合の日常。

ブログに目を通して頂いた全ての方に感謝。

【聴いてほしい音楽:まとめ1】 思ったより沢山の人にアクセス頂きました。ありがとうございます。

2020年開始から始めた好きな音楽を勝手に書いていくというブログ。

 

5月になってやっと12回とは実にスローペース。

 

書き残したい音楽は沢山あるけど文章を書くのが苦手な自分にはなかなかの重労働…

 

それでも気長に趣味的に続けて行こうかなと思う昼下がり。

 

改めて第1回から第10回を振り返る。

 

ついでに今の気分の音楽を貼り付けておきます。

 

 

 

【音楽連載:第1回】COCK ROACH 『人間』ならば聴いてほしい音楽。 - 社会不適合の日常。

 

www.youtube.com

 

第1回目として人にあまり音楽を自分から勧めませんが必要とする人が何処かにいるのではと感じたので書きたかったバンド。

 

聴き手にとって音楽は受け取り方は自由だけど、正直、売れて欲しい音楽ではない。

 

音楽はどれだけ売れても表面しか見ない人が多いから。

 

わかる人にわかればという偏見だが、言葉や表現を理解して聴いてほしい。

 

【音楽連載:第2回】ヘンショクリュウ 攻めている『新しいJ-POP』 - 社会不適合の日常。

 

www.youtube.com

 

COCK ROACHと打って変わって逆にもっと沢山の人に聴いて貰うべき音楽。

 

日本人は歌いやすさとかサビを重視するのではなくちゃんと『音楽』を楽しむべきだ。

 

とにかく速い曲でノリが良ければいいなんて、本当は音楽を聴いていない気がしてしまうから。

 

 

【音楽連載:第3回】King Gnu 音楽の本質は売れている売れてないで決まらない。 - 社会不適合の日常。

 

www.youtube.com

 

売れたら売れたで批判したり、アンチも沢山生まれる。

 

本当はmillennium paradeの方がライブは聴きたい。でも井口さんのボーカルは正直に良いと思えるからKing Gnuも好き。

 

日本に寄り添う形で完成されていったKing Gnuだけど、寄り添わず、『音楽』を突き詰めた4人の音楽を聴いてみたい。そして、多分そっちの方が俺はもっと好きだと思う。

 

【音楽連載:第4回】REDЯUM 解散や休止をしても『古い音楽』はない - 社会不適合の日常。

 

www.youtube.com

 

理想です。初期の曲の表現は自分が作曲し始めた時にかなり影響が出てたと思います。

 

今の音楽には間があまりない。そして空間を使う音楽も少ない。

 

1分1秒を感じる事の出来る音楽だと思う。

 

【音楽連載:第5回】LUNA SEA 自分が受けた影響が一番大きいバンド - 社会不適合の日常。

 

www.youtube.com

 

 

バンドとしてパフォーマンスがとにかくカッコいい。20代と今の40代40後半ではパフォーマンスは全然違うのにどの時代もカッコいい。

 

大きな会場では派手なセットを見るけど、そんなものがなくても十分にカッコいいと思わせてくれたのは他にはいない。

 

こんなバンドを今も昔も含め”ビジュアル系”と言ってしまう人は浅はかなのだろう。

 

【音楽連載:第6回】CIVILIAN(ex.Lyu:Lyu) 人間は少なからず『偏見』を持っている。 - 社会不適合の日常。

 

www.youtube.com

 

コヤマさんの感情が入った歌声は自分には結構響くものがあり…

 

Lyu:Lyuだった時代、嫁の仕事の関係でアルバム『GLORIA QUALIA』にメンバー皆さんのサイン書いて頂きました。

 

今、考えると凄いCDにサインして頂いたなぁ…大切にしてます。

 

【音楽連載:第7回】YOSHII LOVINSON(吉井和哉) 沈んだからこそ生まれた音楽 - 社会不適合の日常。

 

www.youtube.com

 

音楽が好きだからそのアーティストの全てが好き…とは違うと思う。

 

出待ちの心理もわからないし、ファンとは言え呼び捨てもわからないし、好きなアーティストのプライベートが気になる…ということもない。

 

これは他のアーティストにも言えるけど、例えば吉井さんが好きではなくて吉井さんの作る音楽がとても好き。…伝わりますか?

 

【音楽連載:第8回】eastern youth 小学校で一番大事な授業は『道徳』 - 社会不適合の日常。

 

www.youtube.com

 

モテたい、金儲けしたい、売れたいで音楽始めても良いんですけど、商売となるといつも難しい職業だなと感じます。スタッフも多いし。

 

自分はもっと単純に音を鳴らしたい…。

 

eastern youthを聴くといつも『生』を考える。商売より伝えることや叫ぶことの方が上にあるような気がします。

 

 

【音楽連載:第9回】左右(sayuu) 誰にも真似できない”間”と”表現”。 - 社会不適合の日常。

 

www.youtube.com

 

人に『最近どんな音楽聴いてるの?』と聞かれた時に答えるバンドの一つ。

 

『知らない』で大概の人は終わるけど、なぜ聞いてくるのか…

 

聞くなら音楽を聴いてみろ!っと思ってしまう。でも、そんな事を聞いてくる人には理解できない音楽なんだろうなぁ…

 

【音楽連載:第10回】nil (ニル)シンプルな音ほど人間性が表れると思う。 - 社会不適合の日常。

 

www.youtube.com

 

先程、アーティストを好きではなくアーティストの作る音楽が好きだと書いた。

 

nil のボーカル、高野哲さんの作る音楽、どのバンドも好きな曲が多い。

 

もし、とても恵まれた環境で高野哲さんと一緒に音楽ができる環境になれたとしてもきっと一緒にバンドができない。

 

ストイックで恐そうだから…※イメージでごめんなさい

 

最後に

 

今のところ、結構偏った音楽な気もします。

もっと王道な音楽とかも書き残したいし、洋楽も書き残したい。

 

アーティスト本人が人間的に好きかどうかわからないんですが、人間性が出ている音楽やどこかで共感もできる部分もあったりする音楽ばかりな気もします。

 

今後も地道に書き残していこうと思います。

新しい音楽を聴くきっかけになれればと思います。

 

ただYouTubeに音源なかったりすると記事にするのが難しい気もします…

人間を追うより音楽を書きたい。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

こんな時だから沢山の音楽を聴くのもありですね。