社会不適合の日常。

ブログに目を通して頂いた全ての方に感謝。

【制作日記:第6回】『楓』スピッツさんのCoverを制作してみました。

youtu.be

 

※ 2021年2月22日追記

動画非公開へ。新しく作り直した動画はこちら

youtu.be

20代の時はよくDTMで作曲をしていたのですがパソコンの買い替えに伴いソフトが使用できなくなりDTMから暫く遠ざかっていました。

 

それからはお遊びで任天堂さんから発売されている『大合奏! バンドブラザーズP』を使用して作曲を隙間時間に楽しむ日々。

 

DTMから遠ざかったのはやはり色々と資金もかかりますし、なりより仕事で忙しく時間がありません。

 

今は無料のDTMソフトもあり進化もしています。

 

その分、沢山勉強して沢山試して行かないとなかなか使いこなせず。

 

今、公開している自分の作詞作曲した楽曲は全部、『大合奏! バンドブラザーズP』で制作した楽曲をDTMで作り直したものです。

 

現在制作している音楽や今後制作するであろう音楽をもっと理想に近い音楽にするにはもっと勉強が必要と思い暫く、まずはスピッツさんの『楓』の制作を始めました。

 

Coverと言えばある程度の認知度がないと意味がないのかな…と思い【THE・J-POP】と思い選びました。

 

普段、Coverはオリジナルを超えられないと思っているのでなかなか聴かないのですが超えられないのであれば全く違う形にしてしまえばいいではないのかなと思ったりします。

 

正直、演奏とかオリジナルで近い形だとCoverというよりカラオケ感が…と思ってしまうのは自分だけでしょうか。

 

とは言え、自分も【J-POP】は好きではあるのでマニアックになり過ぎないように気をつけながら制作してみました。

 

音楽を制作するのは好きなのですが、自分は音楽理論を全く知らない自己流で制作してきた人間なので音楽理論わかっている人だと「なんだこれ」感あるかもしれませんねw。

 

とくに気をつけた点は「オリジナル」のイメージを壊さないように心がけたことです。

 

あとイントロと最後に聴こえるピアノはあえて「オリジナル」に近い形にしてます。

 

個人的にはいつもベースは弾きながら考えるのですが、このようなスローテンポのポップスだと指を動かしたくなってしまいます。でも動かし過ぎちゃうのでそこも控えめに…したつもりです。

 

歌声は『大合奏! バンドブラザーズP』のボカロの機能を使ってます。

 

歌声があったほうがちゃんとわかりやすいと思いますので付けさせて頂きました。

 

去年から少しずつ開始したDTMのエフェクトがまだ使いこなせていないので基本シンプルな音色です。

 

ピアノロールとか未だに使いこなせず楽譜で全楽器を制作してます。そこも勉強が必要ですね…

 

毎度、音楽を制作をして完成したら「天才だな」って思って、しばらくすると「もっとできたな…」の繰り返しですがやはり楽しいので止められないし「次へ次へ」と制作したくなります。

 

『楓』も制作して半年近くたってからYouTubeで公開させて頂いたので久々に聴くと手直ししたくもあります…。

 

ですが、その時にはそれが「いい」と思えたのだから多分、それがベストなんだろうなと思います。

 

それに誰かの音楽をCoverすることでまた新たな発見だったりコード変えたりと楽しいことも沢山あるので今後もオリジナルの音楽と並行して遊んで作っていこうと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

スピッツさんのオリジナル動画はこちら

www.youtube.com

 

 

『楓』の音源はこちら

 

 

3DSソフト『大合奏! バンドブラザーズP

 

 

使用しているDTMソフト。

(メールアドレスの登録、インストールで使用可能。無料。)

www.bandlab.com