社会不適合の日常。

ブログに目を通して頂いた全ての方に感謝。

YouTuberに興味はなかったけど、楽しいと思えた2つのチャンネル。

自分は外へ遊びに出かけるのが好きなのですが、室内での趣味も沢山あるので外出自粛となっても問題のない生活を送ってます。

 

ベースを弾いたり、曲を作ったり。

ゲームをしたり、漫画読んだり。

嫁とジェンガしたり、UNOしたり。

家電バラシて清掃したり。

リングフィットアドベンチャーなど使って運動したり。

ペンタブレット使ってイラスト描いたり。

嫁と晩酌をするために野菜買ってつまみを料理したり。

 

そして、家にはテレビがない。
それは単純に必要がないから。

テレビが必要な方は沢山おりますが、自分にとっては無くても生きていけるもの。

 

とは言え、全くメディアを見ないわけではありません。

 

Amazon prime会員なので、映画やアニメ、バラエティも観れますしYouTubeも観ます。

 

今回はこのYouTubeの沢山の中から自分が継続して拝見させて頂いているチャンネルを書こうと思います。

 

正直なところ、自分がYouTuberに抱くイメージは良いものではありませんでした。

 

数年前のイメージですが、大量に”もの”を使う動画が多いようなイメージだったり、過激なことにチャレンジしたり。炎上効果をわざと狙ったり人の揚げ足取りをするような動画を作っている者もいます。

 

ただ単に調子に乗っている方々のイメージもありましたし、実際にいます。

 

動画を見ているとどうしても人間性は出てしまうもの。演じようが作っているのはその人その人なので、自分が不快に思えば観なくてもOKなのがYouTube

自分は基本、平和的な動画を好んで観ます。

 

根本的に優しいと思う方々なので安心して観れます。

 

①HIKAKIN TV

 

もう有名、というか代表的なYouTuber。

 

YouTubeへの偏見を無くしてくれた方。

実際自分が本格的に観始めたのはごく最近。

飼い猫の『まるお』と『もふこ』を飼い始めた時辺りから。

www.youtube.com

猫に釣られて観始めたのですがそこで実際に猫を飼うに当たって、HIKAKINさんが知識を学んで自分に本当に飼えるのかも考えながら『まるお』を飼っていく姿を見て「凄く色々考える人」ということを知りました。

 

中でもこの密着を動画を観ると…尊敬しかないです。

www.youtube.com

www.youtube.com

 

 

Hikakin Gamesでのヒカクラの最終回(現在ヒカクラ2を配信更新中)での号泣を観ると単純に人の好さがわかるのではないかと思います。

www.youtube.com

 

ヒカキンさんは子供向けに配信していると思いますが、個人的には大人でも楽しめる動画は沢山あると思います。よくゲームでも『任天堂のゲームは子供向けだ』っていう意見と同じで『大人だから』観ないという方もいますが、なんか純粋に物事を楽しめない人って沢山いるんだなぁ…って思ってちょっと可哀そうになります…。

 

②弟者兄者(2bro.)

弟者さん、兄者さん、おついちさんの3人のゲーム実況動画。

動画により弟者さん一人だったり、兄者さんおついちさんは個別にもチャンネルを持ってます。

 

YouTubeを観始めたのは実は【弟者兄者】のチャンネルから。

兄弟の声も低く美声。

弟者さんは大塚明夫さん似の声で、おついちさんはピッコロさん(マジュニア)似の声でも有名。

 

弟者さんは声も魅力ですが、実況もとてもうまく、ゲームの実力もうまい。

なのでストレスなく観れます。

 

3人のやり取りがとても楽しい動画です。

www.youtube.com

www.youtube.com

 

声の聴き分けが難しい時はまずは【弟者】さんの一人の実況から観るとわかり易いかもしれません。このシリーズ動画は途中から【兄者】さんも参加します。【おついち】さんは不在。

www.youtube.com

 

 

 他にも観たりしているのは沢山ありますが、まず観始めるのならばこの二組ならば安心して観られると思います。

 

最近は芸人さんも沢山チャンネルを開設していっているのでテレビのバラエディとも変わらない感じにもなってきましたね。

 

でも芸人さんがYouTuberの方たちと同じ内容だとテレビと変わらないので、素がみれる動画だと個人的には楽しめますし、人間性も見えてより楽しめます。

 

なので自分は江頭さんなどチャンネル登録したりしてます。

 

どうせ家にいて時間があるのならば過去に遡って検索してみても楽しいと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。