社会不適合の日常。

ブログに目を通して頂いた全ての方に感謝。

【AAA】浦田直也さん脱退。個人的に無念…。酷い意見も目にしますが、AAAも浦田さんも応援します。

もう2019年のブログは書ききった…なんて思っていたのにブログ書いてすいません。

夜中、突然の腹痛で起きるとたまたま起きてた嫁から

『12/31付けでリーダー、AAAから脱退だって』

驚いて目が覚めてしまいました。

 

それからうたた寝はするものの色々考えるところがあったので頭スッキリするためにもブログを書いてみようと思います。

 

偏見的な考え、不快な思いもしてしまう内容かもしれませんのでご注意してお読みください。

 

Twitterでも夜中にツイートしてしまったのですが、ずっと気に留めていた部分でもありました。

 

以前、ブログでも書いたのですが宇野実彩子さんがソロツアーで発表した新曲

『サヨナラを選んだ私』を聴いたときに感じた宇野さんの別れの表現。

歌詞を本人が書き、歌いながら涙目になっている姿を見たときに感じたこと。

defectiveness.hatenablog.com

 

最初に聴いた印象の一つが浦田直也さんへの想いなのかなという印象を受けてました。

 

ただ実際、脱退であるのならばAAAのドームツアーが始まる前でも良かったんじゃないのかとか。

戻ってくると信じていたファンも多数いたであろうから、【WAY OF GLORY】を唄う前に『AAAはまだ旅の途中』の言葉に6人でのAAAに【希望】を持てたのではないかと。

少なくとも自分はそう感じてしまいました…。

 

今年も沢山、バンドやグループの解散・脱退もあり。

でも人間だし、みんなが同じ方向をずっと見れないのも知っているし仕方のないことだとも思います。

 

ただ、ちょっと、浦田さんの脱退は無念というか…

もし、ファンへ音楽で気持ちを伝えていくというのならばAAAとしてまず歌って欲しかったです…

 

多分、6人のステージを待っていた人も、6人でのアルバムを待っていた人も沢山いて

また6人でのMCを観て笑って…なんて【希望】を持った人が沢山いた気がするかな…

 

AAAはとても大きくなってしまったグループなので色々バッシングを受けることもあるだろうし。

未だに伊藤さんのことなど含め、くだらない発信をする方もたまに見かけるくらいですし。

 

でも、正直そんな人はファンではないですし、言いたいだけの暇な人なので相手にする時間も人生の無駄に感じてます。

 

人を批判するほど偉い人間なんていないと思ってます。

簡単に発信できる時代ですが、直接自分に害がないのに人をバッシング出来る人間が怖いです。

 

嫁から聴いた話なので自分が知っている内容ではないので書きませんが、聞いた印象だと多分、ファン、メディアなども気にしてしまうタイプの人だったのかもしれません。

 

脱退も想像の範囲内だったのですが、正直、「ここでか…」という無念です。

 

もちろん昨日今日の決意ではないので、

ドームツアー初日にメンバーが涙目だったとか『旅の途中』が全部、これからの5人の活動の伏線と考えてしまうとメンバーの心境が辛いなとか、全員が出した意見というより【尊重】を選んだことでみんな辛いまま前を向いているんだなと思うとより無念さを感じるというか…まぁ想像も入っているので真相はわかりませんが…

 

浦田さんの歌声って、結構AAAで重要(メインだからかもしれないけど)なイメージだし、浦田さんのファンとかではないけどAAAとしてあの歌声が聴けないかと思うと残念です。

 

でもTwitterでもツイートとした通り、AAAとしても浦田さん含んだメンバーのソロも応援する気持ちです。

なんかファンのような言動ですいません…。

 

実際、嫁が興味を持って聴き始めたのが6人になってから。

『No Way Back』が自分がAAAを初めてまともに聴いた曲でした。

この曲がなかったら俺もここまで興味がなかったのかもしれません。

 

とても良い音楽をありがとうございました。

 

これからも色んな音楽を作って届けて下さい。

そんな応援をAAAにも。浦田さんにも。