社会不適合の日常。

ブログに目を通して頂いた全ての方に感謝。

【紅白・レコ大 一切関係なし】2020年発売の凄いアルバム 第2回 女性ボーカル編

前回に引き続きです。

 

縛りは以下。

・2020年発売

・邦楽のみ

・ちゃんとアルバム全曲を聴いた音楽

 

内容は

① アルバムに収録されYouTubeにある曲(個人的に好きな1曲選曲)

② ①以外でアルバムに収録された好きな1曲

③ ひと言

 

 

今回は3回に分けて書いてます。

 

第2回目は女性ボーカルの音楽。

 

 

 

ずっと真夜中でいいのに。 – 朗らかな皮膚とて不服

① Ham


ずっと真夜中でいいのに。『Ham』MV(ZUTOMAYO - Ham)

② マリンブルーの庭園

③ 新しい表現でありつつも懐かしさもある音楽。個人的にはベースのアプローチが好きで聴き始めましたが気づけば聴き続けてます。

 

ヨルシカ – 盗作

① 盗作


ヨルシカ - 盗作(OFFICIAL VIDEO)

② 昼鳶

③ 歌詞的には10代や20代が聴きそうな音楽ですがこちらもどこか懐かしい音楽もあり。しばらく不在だった J-POP の空きに上手く入ったようなセンスを感じました。

 

あいみょん - おいしいパスタがあると聞いて

① 朝陽


あいみょん - 朝陽【OFFICIAL MUSIC VIDEO】

② さよならの今日に

③ 懐メロを歌っているのかと勘違いするほどにドストレートな音楽。幅広い年齢に愛されそうな音楽。

 

眉村ちあき – 劇団オギャリズム

① おばあちゃんがサイドスロー


眉村ちあき「おばあちゃんがサイドスロー」MV

② 壁みてる

③ とても不思議な音楽。でも耳に残ります。ふざけてる様なタイトルだけどこんなに耳に残るのならポップスとしては正解な音楽です。

 

宇宙まお – 永遠のロストモーメント

① もう踊れない


【宇宙まお】もう踊れないMV(1/8発売ミニアルバム「永遠のロストモーメント」収録)

② ピザとコーラ

③ 個人が思うシンプルな J-POP のイメージに近い音楽。明るい雰囲気でドライブなどで聴きたい音楽。

 

tricot – 真っ黒

① potage


tricot "potage" MV

② 真っ黒

③ ここにきてのメジャー。相変わらずの変拍子。職人っぽさがある中にキャッチーなメロディ。音楽が好きじゃないとここまで考えて表現できないと感じるほどのクオリティーです。

  

tricot – 10

① 悪戯


tricot「悪戯」Music Video

② サマーナイトタウン

③ まさかの今年2枚目のアルバム。なのに少し進化。前作に比べキャッチーさが増しているアルバム。だけどすんなりポップにはいかず相変わらずの変拍子の技術。らしさが満載。

 

ツユ – やっぱり雨は降るんだね

① アサガオの散る頃に


ツユ - アサガオの散る頃に MV

② くらべられっ子

③ 「アサガオの散る頃に」は初音ミクで発表されたのが前で聴いてました。このアルバムは1stですがボカロ時代っぽさが残る感じもありちょっとずつ枠を越えてきている感じもあり期待の1枚。

 

FLOWER FLOWER – ターゲット

① 浄化


FLOWER FLOWER 『浄化』short ver.

② 蜜

③ YUIさんがソロだった時は聴いたことがなく1曲目から度肝を抜かれた音楽。やはり音楽の食べず嫌いはやめた方がいいと思えるカッコよいアルバム。

   

チリヌルヲワカ - サピエント

① 証明


「証明」チリヌルヲワカ

② アンデッド

③ さすがのセンス。日本人らしいメロディにロックな音楽。

久々に?「GO!GO!7188」を思いだしたので意外と原点回帰的なアルバムなのかもしれません。

 

sora tob sakana – deep blue

① 信号


sora tob sakana/信号(Full)

② 広告の街

③ ラストアルバム。普段アイドルは聴きませんが(というかあまり知らない)、彼女らの声とコンポーザーがうまく融合した音楽。ボカロっぽさもあるような不思議でクセになる音楽だと思います。

 

PEDRO – 浪漫

① 空っぽ人間


PEDRO / 空っぽ人間 [OFFICIAL VIDEO]

② 愛してるベイベー

③ 最近のアイドルは自分でも作詞作曲するので凄いですね。

音楽的には少し前の日本のパンクのようなサウンド。ギターの田渕ひさ子さんきっかけで聴きましたが良作。

 

ネクライトーキー – ZOO!!

① 北上のススメ


ネクライトーキーMV「北上のススメ」

② 放課後の記憶

③ 鼓笛隊が聴こえてきそうなお祭り感のある音楽。

前身バンド「コンテンポラリーな生活」の進化。音楽的には近いはずなのに違うジャンルの扉が完全に開いた作品。

 

majiko - 世界一幸せなひとりぼっち

① 一応私も泣いた


majiko - 一応私も泣いた [MV]

② 勝手にしやがれ

③ 前作からの期待を上回り今年発売のアルバムの中でもけっこう個人的に好きなアルバムです。やはりアルバムはバランス。シングル向けの音楽を並べただけでは出来ません。

  

クレナズム - eyes of you

① 365


クレナズム 『365』Music Video

② ひとり残らず睨みつけて

③ これからの期待も込めて。今の時代に合う音楽だと思います。

  

DUSTCELL - SUMMIT

①  DOMINATION


DUSTCELL - DOMINATION

② STIGMA

③ EDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)のジャンルだとは思いますがK-POPなどとは違いを感じる音楽。アルバム内殆どの曲がMVが存在してます。

  

花譜 - 魔法

① メルの黄昏


花譜 #68 「メルの黄昏」【オリジナルMV】

② 畢生よ

③ キズナアイと同じくVTuber。カンザキイオリさんが作る内容は少し暗めだけど音楽はポップ。昔誰かが言ってたと思うのですが「ポップなのに歌詞はヤバい」が当てはまる音楽。

 

 以上、女性ボーカル編でした。

こう纏めるとちょっと偏りがち…。

次回はその他の音楽編です。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

ちなみに去年のお気に入りの音楽です。

かなり重ためなので閲覧注意です。

defectiveness.hatenablog.com

 2020年版 第1回

defectiveness.hatenablog.com

2020年版 第3回(最終)

defectiveness.hatenablog.com

 

気が向いたら応援よろしくお願いします

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村